害虫防除管理サイクル


害虫の予防、駆除には定期的な調査と、状況に応じた処置を施します。

そして、処置後がどのような水準に達しているかを評価し、状況をモニタリングすることを繰り返していきます。

 

生体実態調査


目視による調査、聞き込み調査やアンケートを行います。

対照生物によってはトラップによる調査も行います。

人や環境への配慮


利用者や環境に配慮して、使用薬剤の選択、駆除の方法を選択します。

有効かつ適切な防除法の組み合わせ


発生源対策、侵入防止対策を行い、薬剤やトラップを利用し、侵入場所の閉鎖などの防除法を必要に応じて組み合わせて行います。

評価


目指した水準に達しているか確認し、記録をとり保存します。